ZeekなGoe のんべぇブログ

~たくさんのお酒に囲まれて~

アードモア 2008 6年〈BAR飲み〉

こんにちは。ZeekなGoeです。

 

2019年4月に、私が学生時代から大好きだったビジュアル系ロックバンドの

Janne Da Arcが解散しました(´;ω;`)ウゥゥ

長期活動休止となっていましたが、いつか再開するだろうと

密かな期待をしていましたが、結局、解散となってしまいました。

 

私、今まで1組のアーティストを聴き続けるってタイプではありませんでした。

しかし、このJanne Da Arcだけは、狂ったようにハマり、毎日のように

曲を聴いていましたね。CDやライブDVDも買い漁るほどでした。

私個人としては、曲調や歌声も好きなのですが、

とにかくVocalのyasuさんが作詞する歌詞がとても良かった。

女性目線から見た歌詞、男性目線から見た歌詞とで、大きく違う内容にも

関わらず、どこか共感してしまう不思議な魅力がありました。

今でも、車内とかで聴いているぐらいのハマりようです。

今後、このJanne Da Arc以上にハマれるアーティストはいるのかな(。´・ω・)?

 

さて、話の内容を切り替えましょう(`・ω・´)

相変わらず行きつけのBAR記事です。

 

 

「スモーキーなウイスキーでおススメありませんか?」と尋ねたところ

バーテンダーの方に出していただいたのがアードモア 2008 6年でした。

ハイランドでスモーキーなの(。´・ω・)?というのが、率直な感想でした。

まあ、結論から言えば、その疑問はすぐ飛んでいきましたが(笑)

表面ラベルはこんな感じですね。

若干、ピントが合っていませんでした。ごめんなさいm(__)m

f:id:Zeek-Goe:20190424003857j:plain

 

さて、このアードモア 2008 6年はスコットランド ハイランド地方にある

アードモア蒸留所で製造されているスコッチウイスキーです。

6年熟成とやや若いウイスキーで、アルコール度数が59.5%もあります。

 

前回のBAR記事で紹介したロイヤルブラックラ12年も、同じハイランド地方の

スコッチウイスキーですが、こちらはフルーティーな味わいがメインでした。

アードモア 2008 6年はどのような味わいがあるのか飲んでいきたいと思います。

 

香りはフルーティーさも感じますが、とにかく煙のような

スモーキーさが強いです。ハイランドのスコッチウイスキー

ここまでスモーキーさがメインなのは初めてです。

 

味わってみると、アイラモルト(アイラ島のスコッチ)かと錯覚してしまうほど

煙たいスモーキーさです。しかし、アイラモルトほどの薬品臭や塩辛さはなく

あくまで、ハイランド特有のフルーティーな味わいにスモーキーさがプラス

されたといった印象です。

6年熟成で割と若い為、アルコールの刺激によるトゲトゲしさは

多少残りますが、それを超えるほどに、このウイスキーはオイシイ!

数滴加水すると、スモーキーさはそのままに、フルーティーな味わいが

より一層強くなりました。面白い変化ですね。

 f:id:Zeek-Goe:20190424003843j:plain

 

今回は、アードモア 2008 6年を紹介しました。

ハイランドのスコッチは花やフルーツを感じさせる香りのウイスキー

多いイメージだったので、このスモーキーさには、正直驚きました( ゚Д゚)!!

スモーキーなウイスキーという注文に対し、アイラモルトではなく

こういった変化球を用意してきたバーテンダーの方には脱帽ですm(__)m

この新しい発見が、またタマらなく楽しいですね。

さて、次のBAR飲みでは、どのようなウイスキーと出会えるでしょうか。

楽しみです。

 

 

ブログランキング参加中です。この記事良かった!って
思っていただけましたら、下記タグのクリックをお願いします。

【人気ブログランキング

ブログ村ランキング 洋酒 】

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

 

それでは、みなさま、よいのんべぇライフを(・∀・)